四葉のクローバープロジェクトとは?

2010年4月より保育士でもあるシンガーソングライターのhappy placeが立ち上げたチャリティプロジェクト。将来の夢について、より具体的なイメージを子どもたち自身に持ってもらうため全国で様々な職業の人たちを100人集めて「夢色」(happy place作詞作曲)の歌声のレコーディングを行い、CD化しました。2011年5月にはチャリティコンサートも行われ、コンサートとCDの収益は児童養護施設と東日本大震災被災地へ寄付。また完成した「夢色」CDも様々な所へ寄贈されました。

具体的には四つのキーワードが挙げられます。

―四つのキーワード!―

メンバーを異業種100人から10000人へ!出会いを大切に絆を作っていく(新メンバー募集中!)
子育て支援、子どもたちの夢の後押しをする
収益や募金を児童養護施設、被災地へ継続的な寄付をする
様々な人が関わっていることから職業紹介をしていく

これらの想いでコンサートを開催したり、楽曲「夢色」を様々なところで歌っています。

四葉のクローバープロジェクト「夢色」歌声参加

西森英行 演出脚本家
日高勝郎 役者・脚本家
桜井あいこ MC ラジオパーソナリティ
佐々木祐滋 シンガーソングライター
カーリー お笑い芸人
山岸真理 タレント モデル
廣瀬 純 広島東洋カープ
順不同

全国で100人の異業種の方々が参加!

夢色

メンバー証発行について

2010年4月より四葉のクローバープロジェクトの活動をはじめて集まったメンバーは100人以上となり、おかげさまでチャリティコンサート以降も賛同してくださる方が増えてきております。

広島市内の児童養護施設(似島学園・広島修道院・八幡学園)に収益と異業種100人の歌である「夢色」CDを寄贈し、またこれらの取り組みがhappy placeの出身地である岩国市の教育委員会に認められ、夢色が市内公立中学校全16校へ配られました。そして広島市教育委員会にも認められ市内公立小中学校全206校へ「夢色」CDが送られ、ひろしま子ども夢財団の「イクちゃんネット」にも取り上げられ、四葉の取り組みはイクちゃんサービスとしても導入されることとなりました。また被災地にも収益から義援金として、また収益からの支援物資も送られ、合わせて仙台市内の児童館にも「夢色」が送られました。このように活動自体も少しずつ大きくなってきております。

そこで今後の運営面の向上のため、四葉の取り組みに賛同してくださる方、全員を「四葉のクローバープロジェクト」の正式メンバーとさせていただき、メンバー証を発行させていただきたいと思います。今後いっしょにコンサートを運営したり、お客さんとして参加したりするのは自由です。職業が重なっていても参加可能です!また活動を続けていく上では趣旨でもある児童養護施設や東日本大震災被災地への寄付を続けていくことと、コンサートなどの活動を続けていくための経費などを考えなくてはなりません。そこでメンバー登録してくださった方には年会費として1000円徴収させていただき、責任を持って寄付やコンサート運営費として使用させていただきたいと思います。

メンバー資格
四葉の取り組みに賛同してくださる方ならどなたでも参加できます!
メンバー特典
会員証発行(シリアルナンバー入り)
会報誌を発行させていただきます。(不定期とさせていただきます。子育て支援情報あり☆)
メンバーとしてコンサートステージでいっしょに歌いましょう!
ブログで、子どもたちや学生に向けて、メンバーとして職業など紹介させていただきます。
年会費
1000円
問い合わせ先
代表福場までお願いします。090-5698-3151 pdbkx388@yahoo.co.jp

―メンバー登録の流れ―

名前・住所・メールアドレス(必須)などを下記フォームにご記入の上、送信してください。登録内容を送信していただくと、仮登録完了です。折り返し四葉からメールをさせていただきます。指定口座に年会費を振り込んでいただいたことが確認されると登録完了です。改めて登録完了のメールをさせていただきます。
登録完了されると後日メンバー証を指定住所へ送らせていただきます。